寺井の岡平健治

いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。まず、転出の手続きを今住んでいる市区町村の役所で行います。そこで転出届をもらって、転入する市区町村の役所に行き、転入手続きをするという流れになります。当たり前のこととして、転出届を持って行かないと転入先での手続きができないことにも気をつけた方が良いです。他の手続きをするためにも、転出届と転入届は欠かせないので忘れずに手続きしましょう。引っ越しは先週末に終わりました。荷物の移動が終わって、玄関の明かりをつけたとき、「ここに住むんだ」とジーンときました。その後、思い切って奮発し、特別なごちそうとして宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。これが盲点だったという方も多く、引っ越しの手続きは全て終わったと思っていても、インターネットが使えなくて青ざめる、という話は時々聞きます。三月から四月の引っ越しが多い時期には移転手続きや工事にも時間がかかりますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは早急に行ってください。先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、大きな疑問を感じてしまいました。液晶テレビの運搬に限って専用の保険があると言うのです。そのとき運んでもらったのは40型の液晶テレビで、買ったときに30万円以上した場合、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかいまだによくわかりません。数年前になりますが、新居が完成して引越しした際、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう神経をとがらせていました。実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、クッション材はたっぷり使いました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考えなければなりません。固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならばいずれかの電話会社と契約するなど、手続きを忘れてはなりません。引っ越したときには契約が始まっていないと転居後すぐに電話回線を使うことはできません。年度末やお盆、年末年始などは特に急いで移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。簡単に入手できるものばかりですが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、おまけとして、梱包用グッズを必要な分だけもらえることが多いのです。契約成立でもらえるものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように見積もり依頼の際には確認するのを忘れないでください。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、当日慌てる羽目になることもあるようです。前日までに、冷蔵庫については冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば他にやることはありません。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、引っ越し前日までになくなるようにして、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。地方出身の私は、引っ越しもこれまで3回経験しています。引っ越しの理由は進学や就職ですが、毎回苦労するのが荷作りです。気づいたこととして、私のような単身世帯の場合は少しお高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを手に入れるのが荷物が丈夫になり、運びやすくなります。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、荷物の頑丈さが違ってきます。壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、妥協せず手に入れましょう。いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。私が引っ越したときは、新築だったためガスコンロも新しくなったのですが、引っ越し先が新築でなければ元々のガスコンロで間に合うこともあります。引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、新しく買う予定であれば使える器具を調べておくことが必要です。業者に支払う引っ越し費用は、同一内容の引っ越しで比べても時期が決めるといっても過言ではありません。特に、年度末や夏、冬の休みでは引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、どの業者も高めの料金設定になっています。時期が選べればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できるといろいろな意味でお得になってきます。なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。食器は割れ物が多く、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、梱包全体に厳重な注意を払うと破損の可能性はかなり低くなります。どんなケースであっても、引っ越しの前に全ての手続きの元になるのが市区町村役場への、転出届の提出です。転出届を出すのは簡単です。自分が現在住んでいる市区町村で役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、また、郵送での受付も行っています。それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできる自治体がほとんどです。いよいよ来月引っ越しするのですが持っていく荷物にピアノを含めるか手放すのかが悩みの種です。誰もピアノを弾くことはなく、ピアノもかわいそうかもしれません。一方、捨てるというのもまた費用がかかりそうですし、本当に悩みどころです。誰かがもらってくれることを願っていますが、条件が会う方はいないものです。家移りするということは、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応としてどうしてもお金がかかるものです。引っ越しで業者を利用するにしても予算の削減を図っていきたいですよね。少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。割引サービスがある場合、その条件として年度末などの繁忙期以外に引っ越しすれば閑散期料金になるシステムが大半なので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。社会人になったばかりの頃は二部屋の賃貸を友達と一緒に借り、住んでいた時期がありました。ほとんどはペットを飼えないアパートで、猫を飼っている友達は猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。二人で不動産屋に相談し、猫が飼える物件に出会いました。即入居できたので、引っ越しして私も、友達も、猫も満足できました。一人の引っ越しでは、新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。ワンルームに引っ越すとすると、かなりの面積を占めるのがベッドです。それに、業者がベッドを移動するとき、転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を試しに始めてみると意外と楽かもしれませんよ。自分の周囲に大変な数のものがある生活をしている方がいるとすれば、その方の引っ越しを困難にしているのは所有するものの整理と荷造りでしょう。どんなに周りが協力しても、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、これを一つの契機としてとことん処分してしまえばその後の生活が変わっていくでしょう。いよいよ年金生活というと、生活の大きな変化を余儀なくされます。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、これまでの生活から年金生活に入ることによって、生活と住環境のずれが出てくるものです。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも賢明な選択だと言えます。家中のものを引っ越しのために整理していると、仕分けの結果、不要になるものもあります。処分するだけでも疲れてしまいますね。そんなときぜひ利用してほしいのは引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。ものによっては、一部の業者が粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものをリサイクルなどの扱いで引き取り無料とする場合もあるため、すぐに業者に問い合わせてみましょう。日通が引っ越しも扱っていることは、テレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらい誰でも知っている事業になりました。一般家庭の引っ越しを扱う業者は、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるイメージを持っていたのではないでしょうか。ですが、今は運送会社の多くが引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手であればサービスもしっかりしています。個人の引っ越しを扱う会社の大手で、全国どこでも高い評価を得ているのがCMでもおなじみの引っ越しのサカイでしょう。全国規模で170社以上の支店を展開しており、自社で保有する車は3500台を超え、大手らしく、充実したサービスを行うことが可能です。サービスを細分化しているだけでなくスタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、いろいろなケースも信頼して任せることができます。ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の車も住所変更の届を出さなくてはなりません。ナンバープレートが変わるのは面倒だと気にする方もいるでしょう。ナンバープレートに関して、変わるかどうかは転入先を管轄する陸運局の問題です。引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならナンバープレートの変更はありません。管轄が異なる地域であれば、指示に従ってナンバープレートを変えてください。一番最近の引っ越しは結婚したときですが、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しなど初めての経験で、最初の電話から、緊張の連続でした。ですが、スタッフ全員が丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、安心して全ての作業を任せられました。次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもヤマト運輸の利用を考えています。居住地を変えることにより、いろいろな方面に届け出ますが使い続けるために、変更することになるものもあります。引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどをきちんと理解しておきましょう。ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。同じ市内局番エリア内の引っ越しなら電話番号の変更はありません。段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。十分な大きさと量のダンボールを揃え、使わないものをまず梱包します。日々使うものは予め別にしておいて、他のものを用途や種類で大まかに分け、梱包するのが普通です。何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくと荷物を開ける際、役立つでしょう。電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、運べるものはできるだけ自分たちでやりました。荷物の移動が一段落したところで、市役所で転入の手続きをしてきました。どうしてもばたばたするものですが、思いがけない人が協力してくれるもので、ずいぶん助けてもらいました。どうにか当日中にご近所に挨拶して、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しが人の一生の中でも生活の一大転換になる出来事ですが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることもあるかもしれないと考えておきましょう。引っ越し当日は特に忙しいものですが、そこでたくさんのことを処理しようとしてどこかに番狂わせが起きると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。引っ越しを一度でも経験すれば絶対必要になることとして、旧居のガスを解約しなくてはなりません。自分の引っ越しでも経験してきたことですが、簡単な手続きをすれば解約はできます。ただし、万が一、解約を忘れると、請求は引き続き自分の方に来ますから、もれがないようにしましょう。その場合は、転居していても月末まで料金の支払いは自分のところに来るのです。私たち一家が新居に引っ越したときは、子供はちょうど1歳でした。こんな幼い子供でも環境が変わったことを感じ取って少しストレスを感じていたようです。子供のものも知らぬ間に増えていたので片端から仕分けて捨てることになりました。片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。
宮崎県の車買取り

カテゴリー: 未分類 パーマリンク